UPCOMING INFO

  • TOMO3341のコピー

    海外ブティックや海外オンラインストアーの罠Vol2

    今日は、非常に冷えてますね。雨にも負けそう。冷たい風にも負けそう。 こんばんは。Depriveです。 さて、昨日に続き海外ブティック(所謂、オンラインショップ)について書こうと思います。 今

    Continue Reading...
  • 海外ブティックの罠

    どうも、昼間は暖かい。しかし、夜は冷えこむ。 今だに、冬物が片付けれないDepriveです。 今日のブログは、何を書こうか考えてました。 いつも、告知が多かったりするので今日は違った内容を記

    Continue Reading...
  • TOMO2901

    今日も、楽しい。明日も楽しいかな。

    どうも、最近、毎日の生活が楽しくて一分一秒が早く感じるDepriveです。 38歳独身が、何をめでたい事を言ってるんだって話ですが。 楽しいのです。 日本国内は、自殺など世界トップクラスなん

    Continue Reading...
Deprive

Deprive

日本国籍を持ちながらも、シカゴをRepresent(代表)するラッパー Deprive。 彼がなぜ、異国の土地を代表し、シカゴの看板を背負うアーティストなのか。

17歳から現在35歳(2015年9月)に至る18年間、全ての時間をシカゴに捧げ、全てのlifeをシカゴで過ごす。 この断固なる決意はすべて、彼の従える仲間、迎える兄弟たちのRespectからだった。

Depriveは幼少のころから転勤族で日本の各地を転々としていた。高校に入りダンスをはじめ、同時にラップもするようになる。

その頃Depriveの心にあったのは「やり直したい」というものだった。転勤を繰り返すなかで幼馴染や地元がない。そしてなにより居場所がないように感じていたからだ。

Depriveは16歳で英語も何も話せない状態であったが、自分の居場所をつくるため突然、日本から渡米した。

ただ、それだけの理由だった。高校に行っていたが、そんなことは関係なかった。 また、詩に必ずあるphixion(フィクション)にDepriveは、疑問を持ち続けていた。

渡米後はサンフランシスコに在住し、地元の学校にも通うようになり英語ができないなりにも生活は順調にスタートしはじめたが、Depriveは突然学校を辞めてしまう。

PA01049150
bnr_02
p-bouzu
u-big
bnr_05
banner
bnr_06
bnr_08
venvenvideo
SugerMusicStudio